(2018年6月21日更新)

堀 智 勝
(第2回 日本脳神経外科認知症学会学術総会 会長、東京脳神経センター病院院長,元鳥取大学・東京女子医科大学主任教授,脳幹研究施設長・脳神経センター長) 監修

第2回 日本脳神経外科認知症学会学術総会

もの忘れ外来診療のためのエッセンシャル

A4判並製154頁 本体3000円

ISBN978-4-88352-248-4

本の注文,質問

PDFチラシ

発売中

    

 認知症の診断と治療の出発点である「もの忘れ外来診療」を8人の専門研究者が解説。誰にもわかるオールカラーの図版中心に編集!

ページ紹介 ( p82〜83)

目次


I 脳外科医による物忘れ外来と認知症専門医試験の受験経験
   
(唐澤 秀治:初富保健病院 脳神経外科)
II 症候学・鑑別診断
   
(玉岡 晃:筑波大学医学医療系 神経内科学 教授)
III 認知機能検査の実際
   
(數井 裕光:高知大学医学部 神経精神科学教室)
IV 認知症診療における画像診断の実践
   
(羽生 春夫 :東京医科大学病院 高齢診療主任教授)
V 認知症の発症機構と創薬研究
   
(富田 泰輔:東京大学大学院 薬学系研究科 機能病態学教室)
VI 認知症の予防と非薬物療法
  
 (欅 篤:社会医療法人愛仁会高槻病院リハビリテーションセンター)
VII 治療iNPH・CSDH
   
(羽柴 哲夫:関西医科大学脳神経外科)
VII 認知症診療に役立つ介護と社会保障の基礎知識
   
(中根 一:帝京大学 医学部附属溝口病院 脳神経外科)

 

 

本の検索既刊案内:医学Top