美術 etc.3

1. 2. 3. 4. 5

反戦アンデパンダン詩集 2003年 詩人たちは 呼びかけ合う  
A5判上製 320頁 本体2400円 ISBN4-88352-076-5 2003年 詳細目次 →一部内容詳細(10/3/1)
アメリカとイギリスはイラク攻撃を開始し,日本政府はこれを支持した。イラクはいま,クラスター爆弾などで大々的に破壊され,多くの死傷者が生み出され,水も病院も不足した悲惨な状況にある。この戦争に反対した詩人たちは,国際的なネットワークで行動した。2月に,アメリカのサム・ハミル氏が「戦争に反対する詩人たち」というホームページを立ち上げ,リーザ・ローウィッツ氏により木島始氏にメールで伝えられた。そこから日本の詩人たちへの呼びかけが始められ,短期間に300人近くの詩人たちの詩が集まった。4月中旬に日本政府へ届けられ,一部英訳された詩は,ブッシュ,ブレアに,他言語訳は国連,ユネスコに送られた。これらの詩をまとめた,画期的な反戦詩集!


東北という劇空間 村上善男(美術家)著      
A5判上製 338頁 本体3200円 ISBN4-88352-087-0 2004年 詳細目次 
東北の先輩作家たちの〈内面の劇〉にこそ私は引かれ,自らの制作を重ねてきた様な気がする。二十年余の津軽在住は一体長いか短いのか。その総括の意を含め,一書とする事にした。(後記より)
目次 I 北奥風景誌 観櫻會,屋台,モデルノロジオ(今純三 今和次郎) 津軽方言の美術(棟方志功) 「見送る人々」,「海の群像」,健の後姿(阿部合成 常田健)津軽のKUDO(工藤哲巳)津軽のモダニズム(工藤正義)旅の繪師(下澤木鉢郎)弘前市紺屋町三五番地(寺山修司)見たてることの想像力(岡本太郎)蝶の幻想(鷹山宇一)地獄極楽御掛地(太宰治) 「殺人幻想」(根市良三)市の風景(関野凖一郎) 「水ぬるむ頃」(川村精一郎)南津軽郡常磐村(高木志朗)生地弘前の消去(斎藤義重)温室の風景(橋本花)平野幻想リアリズム(平野四郎)釘にて描く(渡辺貞一)II 「絆創舎」発信 III 繪から届く聲,繪への呟き IV 講演・対談 V インタヴュウ


小熊秀雄詩集       46判並製 300頁 本体2000円 ISBN4-88352-095-1 
2004年 詳細目次 →一部内容詳細(10/2/22)

或る者は私の思想をさして,人道主義であるとし,或は悪魔主義,或は厭世主義の詩人であるとし,またロマンチストかリアリストか軍配を挙げ兼ねている。私はこの一ケ年間あらゆる角度から,千差万別の批評をなげかけられてきた。もし私に真理を信奉する不屈な負け嫌いな態度がなかったならば,私はいまこの詩集を世に出すに先立って,私は世間的な批評の重石でぺちゃんこに圧死していたであろう。ともあれここに私の思想の小体系を一冊にまとめて,民衆の心臓への接触の機会をつくり得たことはこの上もなく嬉しい。(『小熊秀雄詩集』の序より)
主要目次/第一編 小熊秀雄詩集 第二編 飛ぶ橇 第三編 流民詩集 第四編 長長秋夜・文壇諷刺詩ほか